MENU

血糖値に悩む人の味方「イヌリン」とは?

 

血糖値に悩む人がサプリや食事で摂取することの多いイヌリンとは何なのか解説していきます。

 

イヌリンとは多糖類の一種で特にキクイモやごぼうなどに多く含まれるものです。
糖尿予防に効果的といわれるのは糖質の吸収を抑える働きがあり血糖値の上昇を抑えてくれるためです。

 

また、イヌリンを摂取することで善玉菌の量が増える働きがあります。
そのため、腸内環境を整えてくれる効き目が期待できる成分なのですね。

 

糖質の一種であるイヌリンは吸収されることはほとんどありません。
腸内で分解されるようになっています。

 

腸内でゲル状になる為、糖質の働きを妨げる働きがあるのですね。

 

また腸内でイヌリンはオリゴ糖に変わります。
そのため、腸内のビフィズス菌の栄養素となってくれます。

 

便や老廃物をスムーズに腸内を通過させる働きがあるため、排泄を促し、腸を活発にすることができるのですね。

 

そして腸から吸収されるはずの栄養がそのまま出て行くことから、イヌリンは糖尿病予防をしたい人やダイエットしたい人に人気となっているのですね。

 

イヌリンが多く含まれる食べもの

 

イヌリンが多く含まれている食べ物で代表的なのは下記の3つです。

 

  1. 菊芋
  2. チコリ
  3. ごぼう

 

この中でも群を抜いてイヌリン含有量が高い食品が菊芋です。
含有量は10〜12%といわれています。

 

菊芋とは多年草の一種でほかにはゴボウや菊も多年草にあたります。
血糖値を抑えて腸内の善玉菌を増やす働きがあることから糖尿病予防ができる、食品として知られています。

 

また菊芋の特徴はイモ類ではないためにデンプンが一切含まれていないのも、特徴のひとつです。
デンプンは体に入ることでブドウ糖になってしまうため血糖値を上昇させてしまいますが、逆に血糖を抑える働きがあります。

 

料理方法としてはフライやスープ、バター焼き、牛乳煮など主に西洋料理で好まれる食べ物の為に、日本ではあまり知られていない食べ物ですね。
体内ではキクイモオリゴ糖というオリゴ糖のひとつになるため健康食品としては有名な栄養素となっています。

 

イヌリンが多く含まれている食べ物は日ごろの食事でなじみがないものが多いです。
そのため、食べ物で摂取するのは難しいです。

 

イヌリンを摂取するための方法

 

血糖値に悩む人でイヌリンを摂取している方法はサプリメンとを利用しています。

 

サプリメントであれば凝縮された成分が配合されていますし、調理などの面倒なことも必要ありません。
毎日、効率よく摂取をすることができるのですね。

 

ごぼうを摂取したりするのもひとつの手ではありますが、周りにも自分の食事に合わせて貰わなければならないので喧嘩にもなりやすいです。
数日程度であれば良いのですが、1ヶ月と続けるとなると飽きてしまい、自分が食べるのも嫌になってしまうこともあります。

 

その点、サプリであれば妻や旦那に迷惑をかけることもなければ、食事はいつもと同じものを食べれば良いだけです。
そのため、多くの人がイヌリンが配合されたサプリメントを利用して、摂取しているのですね。

 

人気のサプリの口コミは下記で紹介しています。
イヌリンを摂取してみようかなと思った方はご覧ください。

 

ルックルックイヌリンプラスの口コミ